お見舞いに適したお花を選びましょう

投稿者: | 2017年2月11日

お見舞いに行く時に何を持っていけばいいのか、迷うことがあります。ではお花はどうでしょうか。よく言われるのが、鉢植えは寝付くと結び付くのでNGだと言われています。椿はお花がポトンと落ちて縁起が悪いし、菊はお葬式やお墓参りに使われているのでよくありません。また匂いがきついお花も迷惑です。病院によっては、お花の持ち込みが禁止されている場合もあるので、事前に調べてからお花を持っていきましょう。皆さん、プリザーブドフラワーをご存じでしょうか。これは、生花の水分を抜いて製法されているので、病院の持ち込みも大丈夫です。お花によるアレルギーや感染の心配が無くなるからです。少し生花よりお値段が高くなるところがデメリットになりますが、水を替えたりする手間も無く、お花も長持ちするので喜ばれています。特に女性の方には、かわいいプリザーブフラワーで気分が明るくなり、元気が出ました等、もらってうれしかったという感想が寄せられています。喜んでもらえるお花を持っていきましょう。

PR|PET-CT検査のプロフェッショナル口コミ