一家全員に災難が…ウイルス性胃腸炎の猛威

我が家は主人、幼稚園児の息子、私の3人家族です。

家族全員ノロウイルスに侵され、苦しんだ時がありました。

まず始まりは、息子の幼稚園のお友達です。

幼稚園内外でもよく遊ぶ仲良のいい子が、自宅で嘔吐したのにもかかわらず

次の日普通に幼稚園に登園しました。

その時点で私的には大迷惑!なんて思ったのですが(笑)

本人がどうしても幼稚園に行きたがって、食欲はないものの

熱やほかの風邪の症状はなかったため、登園させたというのです。

クリスマスや終業式の時期で、そのイベントを欠席することを

本人が嫌がり、参加できないのはかわいそうと思ったその子の母が

ちょっとくらいなら~という気持ちから、

のちに色んな人を巻き込む大惨事に発展することとなったです。

その大惨事とはタイトルの通り、我が家は一家全滅しました。

息子から始まり、母である私、そして父である主人へと。

感染力はとても強く、広がるのはあっという間でした。

息子だけならまだ私が看病して何とかなるものの、

今回は私自身も症状が出たため、非常につらい思いをしました。

ちなみに我が家だけではなく、幼稚園で仲良くしている他のお友達数人も

同じ日に嘔吐を繰り返し、とても驚きました。

自分が感染力のある病気にかかった時、周りに配慮することは当然のことです。

ひとりの身勝手な行動がどれだけ多くの人の迷惑になることか。

自分自身も気を付けていきたいなと痛感しました。