がん患者を支える家族の心構えについて

投稿者: | 2017年6月12日

父と祖父を肺癌でそれぞれ亡くしました。肺癌と言っても父は転移をして、最終的には骨にまで達し、羽毛布団をかけただけでも飛び上がるほどの痛みを感じていました。

祖父は高齢だったためか、それほど痛みを感じることはありませんでした。家族が癌になり、本人の痛みがどの程度であるのか家族であっても測りきれないところがあり、もどかしさを感じました。

信頼のおける人に話を聞いてもらうだけで、心の中のもやもやがとても軽くなりました。

何でもかんでも自分の胸の内にしまっておくのはやめて、自分の頼れる存在に話すことが大切だと思います。それと同時に、医学的な見地からのアドバイスも大切です。

父は緩和病棟にて痛みのコントロールを行いながら穏やかな最期を迎えることができました。祖父の臨終の際は、在宅医療を行っていましたので、医師の指示を仰ぎながら、相談しながら親身になって対応していただくことができました。

気負いすぎず、冷静に、対応されてください。家族の方が入院される際は、少しでも明るく楽しくなるように小旅行に行く気分で支度をされてみてください。

PR|乳腺専門クリニックをお探しですか?|