咳が続くときは肺炎に注意をすることが大事

春先になると、花粉症など出アレルギー体質の人は、とても辛いですね。

私も毎年、その時期になるととても辛くなっていました。

あるとき、咳がずっと続いたことがあったのです。

アレルギーでも咳が続くことがあったので、そのまま咳止めを飲んで様子をみることにしました。

ところが、2週間たっても、その咳が治まることがなかったのです。

その時には、流石におかしいと思って、病院を受診することにしました。

するとなんと、レントゲン撮影の結果、肺炎になっていることがわかったのです。

時々、息苦しいという感じがありました。

しかし、まさか肺炎になっているとか思っていなかったのです。

自分がなると言う事を、想定していないところがありました。

その後、入院を1週間することになりました。

安静が必要となったのです。

その時、やっぱり早めに病院を受診して検査等を行っておくべきだったと反省しています。

結局、入院をすることになり、迷惑をかけることになったので、注意が必要と感じています。