去年の暮れに乳癌と宣告されました

投稿者: | 2018年7月31日

去年の初めから胸に小さなシコリが気になってたんですが、当時鬱で精神科に通っていて薬の関係で母乳が出たり止めたりしていて一応主治医の先生にシコリを相談したら慌てることはないけどと言われ放置していたんです。夏には熱をもって胸が腫れてきたんだけど乳腺炎だと思い放置している間にシコリが少しずつ大きくなり痛みがくるようになり病院へ…去年の暮れにマンモグラフィー検査を受け乳がんと宣告されました。

私はある程度心の準備はしてましたが、その時癌に対しての知識はなくただ抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けることに凄くショックを受けました…でもなってしまったのだから仕方がない!治療に専念しようと思いました。

一回目の抗がん剤をうけて二回目をうけるまでに吐き気と脱毛がきました。吐き気は我慢できたんです…でも髪の毛の抜ける量や速さは半端じゃなくこの時に癌が怖い!と思い知らされました…泣きました…癌の宣告受けた時よりもいっぱい泣きました…

いっぱい泣いたらこれからは家族や周りの人に心配かけないように笑顔でいようて思いました。