女性は定期的にがん検診へ行きましょう

投稿者: | 2018年6月15日

がんは検査が早ければ治療法も選択でき、完治することが多い病院です。その反対に、発見が遅いほど治療は限られてきます。
女性のがんで特有な物と言えば、子宮がんと乳がんです。近年、女優などが罹患しニュースでも鳥だたされていますが、女性は必ず定期的にがん検診に行きましょう。特に子宮がんや乳がんは若いと進行が早く、症状が出始めたときには手遅れ、という事も多々あります。
子宮がんは自治体によって違いますが、無料で受診できる年などもあります。もちろんこの1回だけでは少ないですが、活用してみると良いでしょう。頻度としては1年に1回のペースをおススメします。
実際に、私の友人は1年に1回子宮がんと乳がん検診を受けており、2年前、検診で初期のがんが見つかりました。毎年同じ病院にかかっていたため過去のデータもあり、すぐに精密検査を受け、抗がん剤治療を行い、完治しました。今も彼女は定期的に病院を受診し、再発が無いかを確認しています。検診を受けていなければおそらく見つからなかったであろう初期のがんであり、これが放置されていたとしたら、おそらく今頃彼女は生きていなかったと思います。
現在がんの治療法は様々ありますが、発見が早いほど、腫瘍が小さいほど有効です。
ぜひ、定期的に検診へ行きましょう。