鬱だと思ったら必ず病院で診察を受けよう!

投稿者: | 2017年5月30日

私がうつ病で何も出来なくなりました。仕事も出来なくなって辞めたので収入も減りました。

落ち込むだけならなんとかなったのですが、過呼吸の発作などが次々に起こるのでベッドから起き上がることもほとんど出来ないような状態になってしまい、仕事の他に家事や育児まで夫がしないといけない状態で大変なことになりました。

特に子供がまだ乳児だったので夫の育児疲れも酷く、それに申し訳なくなった私が更にうつ病を悪化させるという悪循環で本当に苦労しました。

うつ病で一番大切なのは病院にいって自分に合う薬をまず見つけることです。

私の場合はまず薬を飲んで症状を落ち着かせることから始めました。

生活の面では実家から母親に来てもらったり、行政の育児サービスに子供を預けるなどして育児の問題は乗り切りました。

家事はもう散らかっていることには目を瞑ることにして洗濯など最低限の事だけをすることに決め、食事作りも無理をせずお惣菜などを利用し、離乳食もしんどい時はレトルト製品を使うことにしました。

子供の食事まで手作り出来ないことにかなりの罪悪感を覚えましたが、体調が良い時に作った離乳食を冷凍しておくなどの方法をとることで出来るだけ思いつめることがないように工夫をしました。

うつ病になってみると自分が想像した以上にツライ状況でした。

内臓や細菌が原因の病気ではないので薬を飲んだり手術をすることで完治出来るものでもなく、本当に不安で目の前が真っ暗になりますが、カウンセリングや自分に合う薬を見つけることで必ず良くなります。

家族などに申し訳なく思ってしまうこともありますが、思い切って頼ってみましょう。

一人で抱え込まないことが一番状態が改善する方法だと思います。

PR|乳がんの悩みも一人で抱え込まずに専門医へ